水木しげる

妖怪ブームを巻き起こした日本を代表する万型。代表先はゲゲゲの鬼太郎、悪魔くん、河童の三平 1922年3月8日 – 2015年11月30日)

 

 

水木しげる
水木しげる

ゲゲゲの鬼太郎、悪魔くん、河童の三平、等の作品で知られる水木しげる(1922~2015)は、怪奇漫画の第一人者です。ゲゲゲの喜太郎の「ゲゲゲ」は少年時代のあだ名で、本名は武良茂ですが、神戸市の水木通りで経営していた「水木アパート」から水木しげるというペンネームが生まれました。大阪で生まれ幼少期を過ごしますが、実家にまかない婦として通っていた影山ふさ(のんのんばあ)が語り聞かせていた妖怪の話に強い影響を受けます。

徴兵年齢に達すると太平洋戦争下のニューギニア戦線に駆り出され、米軍の攻撃で左腕を失うなど地獄を体験します。戦後は紙芝居作家を経て貸本漫画で漫画家としてのキャリアをスタートさせます。なかなか作品が売れず下積み生活で貧乏を経験しますが、やがて「テレビくん」で講談社児童漫画賞を受賞するなど人気作家げと登り詰めます。少年マガジンや少年マガジンにも連載され、悪魔くんがテレビ実写化で放送された後に、ゲゲゲに喜太郎は不動の人気アニメとなりました。

 

水木しげる