海外FXで評判のXMって実際どうなの?メリットやデメリットを徹底解説!

海外FX業者の利用を検討している方の中には、

「XMって実際どうなんだろう」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、XMの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

XMで口座開設をしようと考えている方は、是非最後までチェックしてみてください。

海外FXのXMってそもそも何?

XMというのは、日本人の人気ランキングで常に上位に食い込んでいる海外FX業者です。

利用者数も非常に多く、日本語サポートなども充実しているため、初心者でも気軽に利用しやすいと言えます。

また、XMは金融ライセンスもしっかりと保有していますし、運営実績も非常に長いため、海外FXに不安や疑問を抱えている方にもおすすめです。

後ほど詳しく解説しますが、XMには口座開設や入金だけでもらえるボーナスなども用意されていますので、興味がある方は是非利用してみてください。

XMで取引を行うメリットって何?

では次に、XMで取引を行うメリットについて、詳しく見ていきましょう。

信頼性が高い

まずは信頼性が高いということです。

XMは、「Trading Point Limited」という、証券ディーラーのライセンスを取得しています。

このライセンスを取得すると、

  • 金融要請にこたえる義務
  • 顧客の入金などの資本を保持する義務
  • 未払い経費の充当をする義務

などが与えられますので、クリーナ運営をしなければならなくなるのです。

また、内部の監査法人によって、毎年必ず監査が行われます。

監査不足があった場合は、速やかに金融当局へ連絡がいく仕組みとなっているため、安心して利用することができます。

ボーナスが豊富

先ほども解説したように、XMは様々なボーナスを用意しています。

具体的には、

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • XMPボーナス

上記3種類のボーナスを用意しています。

口座開設をするだけで、3,000円のボーナスが無条件で受け取れて、そのボーナスを使って取引を行うこともできるのです。

また、5万円までの入金分に対しては、100%ボーナスが付与されます。

また、5万円を超える入金についても、20%分のボーナスが付与されますので、お得に取引したい方にも最適と言えます。(最大50万円まで)

ゼロカット採用

XMに限った話ではありませんが、海外FX業者の多くは、ゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットというのは、手持ち資金以上の損失があった場合、その損失を業者が負担してくれるというシステムのことです。

このシステムがあるおかげで、ハイレバレッジの取引も安心して行うことができます。

国内業者を利用する場合、入金額以上の損失を出してしまうと、「追証」という形で返済をしなければならなくなります。

追証に上限はありませんので、場合によっては自分の力では支払えないレベルの損失が出てしまい、生活に困窮してしまうケースもあるのです。

このような不安を徹底的に排除したいと考えている方は、ゼロカットシステムを採用しているXMを利用してみてください。

ハイレバ取引も可能

XMでは、最大レバレッジが888倍となっています。

こう聞くと、

レバレッジは最大25倍までじゃないの?

と思う方がいるかもしれません。

国内業者の場合、金融庁が定めるレバレッジ規制を守って運営しているため、最大レバレッジは25倍までとなります。

しかし、海外にはこのような規制がありませんので、国内業者とは比べ物にならないくらいのハイレバ取引も可能になるのです。

もちろん、ハイレバ取引をして手持ち資金以上の損失を出してしまったとしても、マイナス分については業者が負担してくれますので、自分の資金が0以下になることはありません。

日本語サポートが充実している

冒頭でも解説したように、XMは日本語サポートが充実しています。

海外業者の中には、日本語サポートに対応していない所も存在していますので、英語がわからない日本人にはハードルが高くなることもあります。

しかし、XMの場合は、わからないことが出てきた場合、すぐに運営に日本語で問い合わせをすることができますので、FX初心者でも安心です。

約定力が高い

XMは、「約定スピードの向上」を会社の理念として掲げています。

それもあってか、

  • リクォート
  • スリッページ

などの事例もほとんどありません。

また、相場が大きく動くタイミングでもしっかりと約定されますので、狙い通りの場所で確実にエントリーしたいという方は、是非XMを活用してみてください。

最低入金額が低い

XMの初回入金額は、最低500~となっています。

海外FXを初めて利用する方、そもそもFX自体が初めての方は、どうしても高額資金を入金するのが不安になってしまいますよね。

そのような方でも、500円程度であればストレスなく入金できるのではないでしょうか。

また、枚数10枚から取引を行うことができますので、低リスクで挑戦してみたいと考えている方にも最適です。

XMで取引を行うデメリットって何?

では次に、XMで取引を行うデメリットについて、詳しく解説していきます。

スプレッドが若干高い

XMに限らず、海外FX業者は、国内業者と比べると若干スプレッドが高いです。

スプレッドというのは、業者に支払う手数料のことで、国内業者は比較的低水準と言えます。

ただし、

  • ゼロカット
  • ハイレバ
  • ボーナス

などの恩恵は、国内業者だと受けることができませんので、総合的にみるとメリットの方が大きくなります。

完全な信託保全ではない

XMを利用する方に覚えておいて欲しいのは、完全な信託保全ではないということです。

信託保全というのは、信託銀行と提携して、顧客の資産を保証する制度の事ですが、XMを含む海外業者の中には、信託保全ではなく分別管理を行っている所も多くあります。

分別管理というのは、顧客の資産と証券会社の資産とを分けて管理する仕組みのことです。

XMが倒産してしまったり、ハッキング被害にあったりしてしまうと、預けている資金が全額帰ってこなくなる可能性がありますので注意しましょう。

とはいえ、XMは長年の運営実績がありますし、利用者数もかなり多いため、そう簡単に倒産するとは考えられません。

どうしても不安な方は、必要以上のお金を入金せず、取引を行う分の資金だけ入金するようにしてください。

国内業者と比べると入出金の手続きが面倒くさい

XMに限った話ではありませんが、海外FX業者を利用する場合、入出金に若干手間がかかります。

例えば、

  • クレジットカード優先
  • 利益分の出金は銀行送金のみ

など、様々なルールがあり、それに従って入出金を行わないと、エラーが起こってしまうのです。

XMを利用したいと考えている場合は、下記ページを参考にしながら、入出金の知識や万が一トラブルが起こった場合の対処法を身に付けたうえで、入金作業を行っていきましょう。

XMに入金できない・・・考えられる原因と今すぐ行うべき対処法


一定期間放置すると口座維持費が発生する

XMで口座を開設し、一定期間放置してしまうと、毎月5ドルの口座維持費が発生します。

具体的には、

  • 入金
  • 出金
  • 取引

などを3か月間行わないと、休眠口座扱いになりますので注意が必要です。

まとめ

海外FXのXMは、上級者だけではなく、初心者にもおすすめできる業者です。

国内業者とは違うメリットや恩恵がたくさんあり、口座開設や入出金など、若干手間のかかる作業さえ終えてしまえば、快適に取引を行うことができます。

また、ボーナスも豊富に用意されていますので、お得にFXを始めたいと考えている方は、是非活用してみてください。

(Visited 10 times, 1 visits today)