ゲゲゲの鬼太郎(第1期)56話〜65話(アニメ)

強い妖力と正しい心を持つ幽霊族最後の少年・ゲゲゲの鬼太郎。

お化けにゃ学校も試験も何にもないというわけで、いつもは気楽にのんびりと暮らしている。

だが、ひとたび妖怪ポストに救いを求める手紙を投げ込めば、カランコロンという下駄の音と共に彼はやってくる。

知恵袋は目玉の姿をした父親、武器は霊毛で編んだ先祖の形見のちゃんちゃんこ、そしてリモコン操作のように自由自在に飛ばすことの出来るゲタだ。

鬼太郎は人間のために、次々に現れる不気味で手強い妖怪と激闘を繰り広げる。かと思うと、不可思議なものへの畏れを忘れた傲慢な人間に、厳しい制裁を下す時もある。

自称親友のずる賢いねずみ男をしりめに、彼は礼金も名声もいっさい望まず、事件を解決しては人知れず去ってゆくのだ。

(C)水木プロ・東映アニメーション出演野沢雅子, 大塚周夫, 田の中勇

アニメを見る場合は↓のアマゾンプライムから

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第56話 磯女

魔の岬に妖怪・磯女が出没し、近付いてくる人間を次々にさらっていた。現地に赴いた鬼太郎が調査を始めると、磯女が姿を現した。磯女は説得に応じず、鬼太郎に襲いかかって住み処にある壺に封じ込めてしまう。からくも壺から脱出した鬼太郎は、磯女と再戦して打ち負かす。ところが、今度は磯女の息子に飲み込まれてしまった!
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第57話 隠形魔法

沖縄から来たトラジ少年は、妖怪によって若さを奪われて老人のような風貌になっていた。鬼太郎はトラジを救うために沖縄に渡るが、待ち受けていたのは姿をくらます隠形魔法を使い、巨大な石像を手足のように操る強敵だった。鬼太郎は戦いに敗れて若さを奪われ、トラジと同じような老人にされてしまう。そこで一計を案じるのだが…。
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第58話 おぼろぐるま

漫画家の水木しげる先生は、出かけた喫茶店で自分の描いたキャラクターである鬼太郎、ねずみ男と出会った。彼らを自宅に招待する水木先生。その直後、東京の調布市一帯が怪気象に包まれた。ぐわごぜを首相とする妖怪王国の仕業だ。膨張する怪気象の中で、人間を排除した妖怪だけの社会が確立されてゆく。もうダメかと思われたが、鬼太郎は反撃を開始するチャンスを窺っていた…。
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第59話 だるま

“4”という数字のつくあらゆるものから、アングラ妖怪・だるまが次々と出現した。本来「4」という数字は「死」に通じるとして、多くの人間は積極的に使うことを避けていた。だるまはそれを利用して自分の領域としていたが、人間があまり縁起を担ぐことがなくなったため、住み処をなくして出て来てしまったらしい。鬼太郎は悪さの過ぎるだるまを退治すべく出陣する!
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第60話 笠地蔵

岩手の山奥に鬼太郎を呪う歌が流れた。その歌詞の通り、鬼太郎は突然心身に変調をきたして倒れてしまう。妖怪が妖怪を88体以上倒すと、その悪霊が取り憑いて命を奪われてしまうという。鬼太郎の病の原因は、どうやらそこにあるようだ。治すには人間と仲の良い妖怪と友達になるしかない。そこで目玉おやじたちは鬼太郎を岩手に運び、現地の妖怪・座敷わらしとの交流を図る。
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第61話 後神

凡太少年が祭りの夜店でサボテンを買った夜、忽然と姿を消してしまった。妹のヨシ子、祖父、そして村の衆総出で捜しても見つからない。ねずみ男から話を聞いた鬼太郎は、凡太捜しを引き受けることに。凡太をさらったのは後神という妖怪だった。後神は妖怪サボテンを使って、自分の家を手に入れようとしているらしい…。
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第62話 海じじい

海に出た与太郎少年に大きなクラゲが取り憑き、離れなくなってしまった。クラゲの正体は海じじいという妖怪だった。海じじいは生物に寄生して養分を吸い取り、宿主が死ぬと次の生物に移るのだ。鬼太郎が手を出せずにいたところ、ねずみ男のでたらめな呪文が偶然にも効力を発揮し、海じじいは与太郎少年から離れた。ところがねずみ男から鬼太郎へと、宿主を変えてしまう!
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第63話 なまはげ

東京から帰省中の大学生・東大助は、都会だ教養だといちいち口にする鼻もちならない青年だった。ふとしたことから神社の祠にあったなまはげの面を被り、人を驚かせてイタズラしていたところ、老人がショック死してしまった。事の重大さに慌てて面を脱ぐと、何と彼の顔は面とそっくりに変貌していた。大助は妖怪の姿のまま、追われる身となってしまったのだ!
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第64話 陰摩羅鬼

鬼太郎は哲夫という青年から奇妙な相談を受けた。オタマジャクシのような化け物が家に出て困るから、何とかして欲しいというのだ。早速調査に赴くが、哲夫の婚約者である啓子の様子がどうもおかしい。そこで霊筆と霊紙を使い、106の質問をすることで啓子の本当の姿を描き出した。何とそれは、陰摩羅鬼という恐ろしい妖怪だった!
(C)水木プロ・東映アニメーション

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)第65話 妖怪ほうこう

ある村で大根が大量に盗まれる事件が起きた。山奥に棲むという伝説の妖怪が犯人だろうと、村人たちは鬼太郎に事件の解決を依頼する。依頼を受けた鬼太郎だが、自分が事件を解決して依頼金をせしめようとするねずみ男に何かと邪魔をされてしまう。そんなある日、ねずみ男の前に弟子入りを希望する男が現れる。実はその男こそ、大量の大根を盗んでいった妖怪だった!
(C)水木プロ・東映アニメーション

アニメを見る場合は↓のアマゾンプライムから

(Visited 1 times, 1 visits today)