海外FXにはレバレッジ規制がないって本当?業者ごとの特徴を徹底比較!

FXにはレバレッジという仕組みがあり、少額資金でも大きな取引が行えます。

中には、

「レバレッジは最大25倍まででしょ?」

と思っている方がいるかもしれませんが、実はレバレッジ25倍というのは日本のルールです。

海外にはこのような規制がなく、25倍をはるかに超えるレバレッジを設定している業者もたくさんあります。

この記事で、人気海外FX業者のレバレッジ上限を解説していきますので、

「できるだけ多くのレバレッジをかけて取引したい

と考えている方は、是非最後までチェックしてみてください。

海外FXと国内FXの違い

海外FX業者のレバレッジについて解説する前に、まずは海外FXと国内FXの違いについて詳しく見ていきましょう。

国内FXの場合

冒頭でも解説したように、国内FX業者はレバレッジを25倍までしか設定することができません。

なぜなら、日本の金融庁が「レバレッジ規制」というルールを作っているからです。

国内にはたくさんのFX業者が存在していますが、25倍を超えるレバレッジに対応している業者は1つもありません。

また、最近になって「レバレッジ規制の見直し」が噂されるようになり、最大10倍になってしまうという話もあります。

レバレッジ10倍については、まだまだ検討段階ですので、今すぐに施行されるというわけではありませんが、いずれそうなる可能性があるということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。

海外FXの場合

海外FXにはレバレッジ規制というものがありません。

つまり、レバレッジを25倍以上に設定して問題ないということです。

中には、1000倍を超えるレバレッジをかけられる業者もありますので、より大きな取引に挑戦したいと考えている方には最適と言えます。

こう聞くと、

「ハイレバトレードは怖すぎてできない

と考える方もいるでしょう。

しかし、海外FX業者の中には、「ゼロカット」というシステムを採用している所が多いです。

ゼロカットというのは、手持ち資金以上の損失を業者が負担してくれるというシステムのことを言います。

つまり、どれだけハイレバで取引しようが、手持ち資金が0以下になることはないということです。

日本の場合は、資金以上の損失を出した場合、「追証」という形で返済をしなければなりませんが、海外FXの場合はゼロカットによる救済を受けることができるため、リスクをコントロールしながら大きな利益を狙えるのです。

海外FXの人気業者トップ8を徹底比較

海外FX業者にもたくさんの種類があり、それぞれでレバレッジ上限が異なります。

以下、日本人から人気を集めている業者の特徴や、最大レバレッジについて詳しく解説していきます。

1位:XM

日本人から絶大な人気を集めているXM。

XMの最大レバレッジは888倍となっていて、もちろんゼロカットシステムも導入されています。

金融ライセンスもしっかりと保有していますので、初心者でも上級者でも安心して利用することができるのです。

ただし、XMでは口座残高が2万ドルを超えた時、あるいは10万ドルを超えた時にレバレッジ制限がかかる仕組みとなっています。

具体的には、

  • 2万ドル→最大200倍
  • 10万ドル→最大100倍

となりますので、レバレッジ888倍で取引したいと考えている方は、こまめに出金するようにしましょう。


2位:GEMFOREX

GEMFOREXという業者も、日本人からの人気がかなり高いです。

この業者最大の魅力は、レバレッジを最大1000倍までかけられることです。

先ほども解説しましたが、国内業者の最大レバレッジは25倍となっています。

GEMFOREXは、国内業者の40倍も高いレバレッジをかけて取引を行うことができますので、少額資金で大きな利益を狙いたいと考えている方には最適と言えるでしょう。

ただし、口座残高が2万ドルを超えた段階で、最大レバレッジが500倍に制限されてしまいますので注意が必要です。

3位:TitanFX

TitanFXは、スキャルパーから大人気の海外FX業者で、最大500倍のレバレッジをかけて取引することができます。

スプレッドが1.2Pipsとかなり低いため、短期間の取引をメインに行いたいという方には最適と言えます。

スタンダード口座の場合は、取引手数料が何度でも無料となっていますので、効率よく利益を残したいと考えている方は、是非登録してみてください。

4位:Axiory

Axioryという業者の最大レバレッジは、400倍です。

海外FX業者の中ではそこまでレバレッジが高くありませんが、その分スプレッドが他社と比べると狭いため、初心者トレーダーには最適の業者と言えます。

Axioryでは、口座残高が10万ドル、あるいは20万ドルを超えた際にレバレッジ制限が行われます。

具体的には、

  • 口座残高10万ドル→最大300倍
  • 口座残高20万ドル→最大200倍

となりますので、注意が必要です。

ただ、レバレッジ制限が行われるのは、日本円にして1000万円以上の資金を入金した、あるいは稼いだ場合のみですので、そこまで心配する必要はないと言えるでしょう。

5位:FXGT

FXGTという業者は、海外FX業者の中では比較的新しい業者ですが、日本語サポートもしっかりと用意されているため、初心者には最適と言えます。

レバレッジは最大1000倍となっていて、尚且つボーナスも豊富ですので、お得に取引を始めたい方には特におすすめです。

また、仮想通貨FXにも対応していて、土日でも取引を行うことができます。

仮想通貨FXに対応している業者は他にもいくつか存在していますが、土日も対応している業者は現状1つもありませんので、興味がある方は活用してみてください。

6位:BigBoss

FXに挑戦したことがない方、FXを始めて間もない方には、BigBossという業者がおすすめです。

この業者は、2021年に最大レバレッジを999倍に引き上げました。

口座開設ボーナスや100%入金ボーナス(不定期)を開催していますので、ボーナスを使いながら取引をしたいと考えている初心者にもおすすめできます。

現在、キャンペーン内容を充実させたり、レバレッジを引き上げたりして日本人ユーザーを獲得しようとしている最中ですので、XMなどと比べるとまだまだ日本人ユーザーは少ないです。

ただ、金融ライセンスを保有しているしっかりとした業者ですので、ハイレバトレードに興味がある方は是非登録してみてください。

7位:FBS

海外FX業者の最大レバレッジは、国内業者とは比べ物になりません。

ただ、海外FX業者の中でもトップクラスに最大レバレッジが高い業者があります。

それが、FBSです。

FBSでは、最大レバレッジを3000倍に設定しているため、超ハイレバトレードが可能となっています。

ただし、

  • 口座残高200ドル以上→最大2000倍
  • 口座残高2000ドル以上→最大1000倍
  • 口座残高5000ドル以上→最大500倍
  • 口座残高2万ドル以上→最大200倍

上記のようなレバレッジ制限もありますので、入金額をしっかりと考えておかなければなりません。

8位:Tradeview

最後は、Tradeviewという海外FX業者です。

最大レバレッジは500倍と平均的ですが、様々な口座タイプを用意しているため、自分の目的に合わせた取引が可能となっています。

また、レバレッジ制限は口座残高が10万ドルを超えなければかかりませんので、初心者のうちは気にする必要がないと言えるでしょう。

まとめ

国内FX業者にもたくさんのメリットがありますが、レバレッジだけで言えば海外業者には勝てません。

海外業者の中には、1000倍を超えるレバレッジを設定している所も多く、尚且つゼロカットシステムが用意されていますので、リスクを抑えながら大きな取引に挑戦することができるのです。

海外FX業者を活用したいと考えている方は、各業者の特徴やレバレッジについての知識を身に付けて、自分に合った業者を見つけていきましょう。

(Visited 9 times, 1 visits today)