国内FXと海外FXならどっちの方が良い?それぞれの特徴や違いを徹底比較!

FXを始める場合は、事前に口座開設をしなければなりません。

口座開設自体は全く難しくないのですが、問題はどの業者を使うかという点です。

FXを取り扱っている業者は、国内、国外に存在し、それぞれで特徴が違うため、それぞれの違いや特徴を理解したうえで、選択していかなければなりません。

そこでこの記事では、国内業者と国外業者の特徴や違いを解説し、どちらの方がおすすめなのかというポイントについて、詳しく解説していきます。


国内FXにはどんな特徴がある?

まずは、国内FX業者の特徴について、詳しく見ていきましょう。

安全性が高い

国内FX業者というのは、安全性が非常に高いです。

その理由は、全ての業者が、金融庁からの厳しい審査を受けたうえで運営しているからです。

また、信託保全と言って、業者の資産とお客さんの資産を分けて保管する仕組みを採用しているため、万が一業者が倒産したとしても、預けている分の資金についてはしっかりと返還してもらうことができます。

スプレッドが狭い

FXで利益を出すためには、スプレッドを意識することが大切です。

スプレッドというのは、買値と売値の差額のことを指し、これが業者の手数料になります。

国内FX業者は、スプレッドを比較的狭く設定しているため、余計なコストを支払わずに売買を行うことができるのです。

入出金がストレスフリー

国内FX業者を利用する場合、入出金をストレスフリーで行えます。

例えば、業者が提携しているネットバンキングを使えば即時に入金が行えますし、入出金手数料もかからないことが多いです。

なぜこのような説明をするかというと、海外FX業者は国内FX業者と比べて入出金方法が複雑になりますので、初心者の中には苦戦してしまう方もいるのです。

税率が一律20%

国内FX業者の場合は、どれだけ稼いでも税率が一律20%です。

20%と聞くと高いと感じるかもしれませんが、どれだけ稼いでも「一律20%」ですので、たくさん稼ぐ方は大きなメリットを得られるでしょう。

海外FX業者の場合は、稼いだ分だけ税金がかかり、日本の累進課税と似たようなシステムとなっていますので、注意が必要です。

海外FXにはどんな特徴がある?

では次に、海外FXの特徴について、詳しく解説していきます。

レバレッジ規制がない

国内のFX業者は、最大レバレッジが25倍です。

その理由は、金融庁が定めている「レバレッジ規制」の対象となっているからです。

つまり、ハイレバ取引をしたいと考えていたとしても、最大25倍のレバレッジしかかけることができないということです。

一方海外FX業者には、レバレッジ規制というものがなく、業者によっては3000倍のレバレッジに対応している所もあります。

海外FX業者を利用すれば、チャンスをしっかりとの物にしたうえで、大きな利益を手にしやすいため、本気で挑戦したいと考えている方には最適と言えます。

追証がない

海外FXにはレバレッジ規制がなく、~3000倍のレバレッジに対応している所もありますが、

そんなにレバレッジをかけたら、追証がヤバいでしょ

と考える方もいると思います。

しかし、海外FX業者は「ゼロカット」というシステムを用意していることが多いです。

ゼロカットというのは、入金した金額以上の損失が出た場合、それを業者が肩代わりしてくれるシステムのことです。

どれだけ損をしても、資金が0以下になることはありませんので、リスクを抑えながら大きな利益を狙えます。

ボーナスが豊富

海外FX業者は、ボーナスが豊富です。

ほとんどの業者は、

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス

などを用意していて、このボーナスは実際の取引にも使用することができます。

上手に立ち回れば、ボーナスだけで利益を積み上げることもできますので、お得に始めたいと考えている方にも最適と言えるのです。

プラットフォームの種類が多い

海外FX業者を利用すると、

  • MT4
  • MT5
  • cTrader
  • CURRENEX

など、様々なプラットフォームが使えるようになります。

国内FX業者の場合は、独自のプラットフォームを提供していることもあり、そのプラットフォームが自分に合わなかった場合は、常にストレスを抱えながら取引することになります。

海外FX業者の中には、4種類のプラットフォームが使い放題になっている所もありますので、自分に合ったプラットフォームで取引をしていきたいと考えている方には、海外FX業者の利用を強くおすすめします。

これからFXを始めるなら海外FX一択の理由

これからFXを始める初心者には、海外FXの利用をおすすめします。

以下、なぜFX初心者に海外FX業者がおすすめなのか、ということについて、詳しく解説していきます。

リスクを抑えられる

海外FX業者を利用すると、リスクを抑えやすくなります。

「海外FX業者の方が不安だし、リスクも大きいのでは?

と考えてしまう方もいるでしょう。

確かに、海外FX業者の中には金融庁から警告を受けている所もありますし、評判があまり良くない所もあります。

しかし、XMなどの日本人から人気が高い、信頼できる業者を選ぶことができれば、安心して取引を行うことができますし、ゼロカットシステムによる恩恵も受けられます。

また、最初からボーナスを使って取引を行うことができますので、

自己資金を減らしたくない

と考えている初心者にも最適と言えるのです。

少額資金でも大きな利益を狙える

先ほども解説したように、海外FX業者を使えば、数百から数千倍のレバレッジをかけて取引できるようになります。

国内FX業者の場合は、最大でも25倍のレバレッジしかかけることができませんので、大きな利益を狙いたいと考えている方や、少額資金から利益を積み上げたいと考えている方には不向きです。

また、国内FX業者には「追証」というシステムがありますので、無理してハイレバ取引を行うと、損失を出した時のダメージが大きくなります。

海外FX業者の場合は、最大で数千倍ものレバレッジをかけることができますし、仮に損失を出したとしても、資金が0以下になることはありません。

つまり、追証の心配がないということです。

このようなことからも、少額資金で始めたいと考えている初心者には、海外FX業者がおすすめできるのです。

業者選びを間違えなければ安全

海外FX業者に対してマイナスのイメージを持っている方はたくさんいるでしょう。

これは、FX業者に限った話ではありませんが、

海外

とつくと、どうしてもネガティブな印象を持ってしまいますよね。

ましてやFXという投機性の高い商品に投資をするわけですから、心配になってしまうのも無理はありません。

ただ、

  • 金融ライセンスの確認
  • 運営元の確認
  • 評判や実績の確認
  • 日本人の口座開設数

などをしっかりと確認し、信頼できる業者を選べば、詐欺に会ったり、口座を故意に凍結されたりというトラブルに巻き込まれる心配もなくなります。

どの業者が信頼できるかわからない

という方は、日本人から絶大な人気を集めているXMを利用してみると良いでしょう。

まとめ

FX初心者の中には、国内FX業者を使うか、海外FX業者を使うかで悩んでいる方もたくさんいるでしょう。

もちろん国内FX業者にもたくさんメリットがありますし、国内FX業者を使って利益を上げている方もたくさんいます。

ただ、これからFXに挑戦する初心者には、海外FX業者の利用を強くおすすめします。

  • 怖い
  • 不安

というようなネガティブなイメージを持ってしまっている方もいると思いますが、業者選びさえ間違えなければ何も怖いことはありません。

よりお得に、安心して取引を始めていきたいと考えている方は、複数の海外FX業者を比較したうえで、自分に合った所を探していきましょう。

(Visited 3 times, 1 visits today)